ほうれい線が目立たなくなる治療法|人気のプチ整形

レーザーでシミ退治

レディー

レーザー照射後の経過

シミやほくろを取るときに使用されるのが医療用レーザーです。最近のレーザーは高性能なので、周りの組織を傷つけず、狙った部分にあるシミやほくろだけ無くすことができます。レーザー治療を受ける上で注意しなければならないのが、治療後のダウンタイムです。シミやほくろにレーザーを照射すると、皮膚がへこんだようになります。治療直後は多少出血があるので、肌色の絆創膏のようなものを貼って保護しておく必要があります。絆創膏は水に濡れても取れないようになっています。洗顔をしても取れないので、治療をしてから2日ぐらいは貼ったままにしておきます。完全にレーザーの跡が修復されるまで長いと半年くらいかかります。その間は炎症を抑える軟膏を塗り、丁寧にケアをする必要があります。

美白効果を高める方法

シミを取る化粧品はありますが、化粧品だと効果が穏やかなので消えるまで時間がかかります。出来るだけ早く綺麗にシミをなくしたいという場合は、レーザー治療がお勧めです。シミ治療では、シミの茶色いメラニン色素にだけ働きかけるレーザーを使用します。他の組織にはダメージがなく、シミがあった部分だけくり抜かれたようになくなります。レーザー治療をしたあとのメンテナンスとして、IPLなどの光治療を継続的に受けるとさらに美白&美肌効果が高くなります。IPLはレーザーよりもエネルギーが弱く、浅いところに働きかけます。レーザー治療では取れない雀斑や、赤ら顔の改善にも効果があります。同時に毛穴の引き締めや小じわの予防もできます。